ハウスクリーニング全般

壁紙クリーニングだけじゃない。壁紙に染みついたヤニやカビをキレイにする4つの手段を紹介

更新日:

模様替えをして机があった場所がずいぶん白くて、あんなにまっさらで綺麗だったクロスの色が変わってしまっていたことに気が付いて驚いたなんてことが長い間暮らしているとあるものです。

特に多いのは、タバコのヤニが壁紙に染みついてしまってリビングが全体的に黄ばんでしまったとか、リビングでうっかりコーヒーをこぼしてしまったときののシミなど。

小さいお子さんがいるお家ではクレヨンやボールペンのお絵描きの後が壁に残ってしまったなんてことがあるかもしれません。

他には、トイレのカビや黒ずみ、キッチンの油汚れがあるようです。

壁紙の汚れを落とすには、自分で掃除してもいいですし、業者にクリーニングを依頼したり、いっそのこと張替えてしまったりしても良いかもしれません。

この記事では、お部屋の壁紙や天井に使われる壁紙・クロスの汚れにを落とす方法の特徴や費用の相場を比較解説します。

カビやタバコのヤニで汚れてしまった壁紙・クロスをキレイにする4つの手段

壁紙・クロスをキレイする手段は次の4つです。

おそうじ方法

  • 自分で掃除
  • 壁紙染色
  • 洗浄/クリーニング
  • クロス張替え

まずは、それぞれの方法はどうやってきれいにするのか、それにかかる費用や注意点などのメリットとデメリットを比較して解説します。

1. 自分で掃除する

大多数の住宅で使われている壁紙の大半はビニールクロスです。

ただまれに他の素材が使われていることがあり、その場合は自分で掃除しようとすると傷がついてしまったり、最悪の場合破れてしまうかもしれないので、できれば自分ではやらずに他の選択肢をとりましょう。

自分で掃除するなら、道具をそろえる必要がありますね。選ぶ際の注意点としては、汚れによって使うべき薬剤が変わることです。

例えば、手あかや皮脂などの油汚れ、煙草のヤニには重曹を溶かした水を使います。黒ずんだカビを落とすにはホームセンターで売っているような市販の壁用カビ取り用漂白剤を使いましょう。

ボールペンやクレヨンなどでついてしまった落書きあとには除光液やクレンジングオイルが有効です。他にも汚れ全般に有効な台所用中性洗剤とマイクロファイバークロス(雑巾でも可)を何枚か用意しましょう。

掃除の手順は、次の通りです。

①薬剤を少量まぜた水に濡らしたマイクロファイバークロスを硬く絞って壁の上から下に向かって拭く

②洗剤のついてない濡れマイクロファイバークロスで水拭きする

③乾いたマイクロファイバークロスで乾拭きする

このとき、力を入れすぎると壁紙を傷めてしまうこともあるので、優しく丁寧に拭きましょう。

これで汚れが落ちれば文句なしですが、ダメだった時は専門家に依頼する選択肢を考えてみてください。

2. 染色してもらう

壁紙染色とは、染色コート剤(抗菌・消臭・脱臭効果)を壁紙全体に特殊な刷毛で塗り重ねることで新品同様にキレイにする方法です。

今ある壁紙の上から染料を塗るので、時間も10m平米あたり1時間程度と比較的短時間で済みますし、全く落ちない染み込んだヤニ汚れなどもキレイになります。

壁紙クリーニングのbefore-after

(参照:おそうじ本舗)

染料の色も一般的な壁紙の色である白だけでなく、グリーンやピンク、ブルー、グレーなどから選ぶことができる業者が多いです。

せっかくの機会ですし、部屋の雰囲気を替えてちょっとしたリフォーム気分を味わうことができます。

費用と仕上がりのバランスが良く、所要時間も短くすむのでクリーニングよりもおすすめです。ついでに古い壁紙を廃棄しないのでエコに配慮している方法でもあります。

3. 洗浄/クリーニング

壁紙・クロスのクリーニングは、ハウスクリーニングの専門家の知識や技術を用いて、壁や汚れに合わせた薬剤や道具を使って壁紙をクリーニングしてくれるサービスです。

作業内容は業者によって細かい差はありますが、一般的には次のようなものです。

①作業をする壁紙・クロス以外の場所を汚さないようにビニールシートで養生

②壁全体のホコリを除去

③壁紙の状況や汚れ、種類などを考慮してその場で洗剤を調合

④天井から壁にかけて壁紙・クロスに洗剤を塗布して洗浄

⑤壁全体を乾拭きして洗剤を拭き取る

仕上がりは元の汚れの状況によりますが、多くの場合はキレイになります。ただし、長年のヤニや深く根を張ってしまったカビなどは落ちない場合もあるそうです。

張替え

壁紙の張替えはDIYでもやろうと思えば可能です。

ただ、業者に頼むよりは安く済みますが空気が入ってしわができたり、つなぎ目で柄がずれたりして見栄えが悪くなってしまうことや、最悪の場合せっかく買った新品の壁紙が破れてしまうかもしれません。

また、道具もパテ、パテベラ、紙やすり、ジョイントコークなどが必要でこのためだけに結構な買い物をすると意外と高くついてしまうことも。

こういった心配や面倒やを避けたいなら業者に依頼しましょう。

壁紙をきれいにする方法の特徴一覧

ここまでを踏まえて、それぞれの特徴を一覧表にまとめました。

自分で掃除 洗浄/クリーニング
料金(1m^2あたり) 道具代のみ 500~700円
手間
仕上がり △~〇
所要時間
メリット 最もお金がかからず実施できる プロ専用の洗剤や道具でクリーニングしてもらえる
デメリット 汚れが落ちない可能性があり、最悪の場合壁が傷ついてしまうかも 100%キレイになるとは限らない
壁紙染色 張替え(DIY) 張替え(業者)
700~1,000円 1,000~1,500円+道具代 1,500円~3,000円
×
△~〇
×
新品同様の色味と消臭・抗菌・防カビ効果がある 費用を抑えつつ、自分の思い通りの部屋の雰囲気にできる 余計な心配をせずに、新品の壁紙になり、完全にきれいにすることができる
全ての壁紙に塗ることはできないため、場合によっては実施できない 自分の技術によって、仕上がりが変わる 単価が最も高く、また最低依頼料が4万円以上の場合もあるのでコスト面の負担が大きい

これを見る限り、ちょっとした汚れなら自分でやった方が安くて良いかもしれませんが、ほとんどの場合では壁紙染色が良いと思います。

傷や破れがたくさんあったり、柄物のクロスにして思いっきり部屋の雰囲気を変えたい場合は張替えを検討する必要があるかもしれません。

どちらにせよ、基本的には業者に依頼することをおすすめします。

壁紙クリーニングおすすめ業者

ここからは、壁紙・クロスの染色、クリーニング、張替えそれぞれのおすすめ業者をご紹介していきます。

壁紙染色なら、おそうじ革命

おそうじ革命公式サイト画像

壁紙染色をするなら、「おそうじ革命の壁紙彩色」がおすすめ。

ここの壁紙染色の魅力は単価が1㎡ごとに700円(税抜き)と業界最安クラスであることと、10箇所までの壁の穴あきを無料で補修してくれることです。

染料の色も「ホワイト」を基本にしつつ、「グリーン」「ピンク」「ブルー」「グレー」を追加料金なしで選ぶことができます。

料金について

基本料金:14,000円(税抜き)(20㎡未満)

20㎡以上の場合は1㎡ごとに700円(税抜き)の追加料金がかかります。またオプションとして、11箇所以上の穴埋め補修や破れ補修に対応してくれます。

 

染色とクリーニングで迷っているならおそうじ本舗

おそうじ本舗公式サイト画像

おそうじ本舗は、壁紙染色と壁紙クリーニングの両方に対応しています。どちらにするか迷っている方は、見積もりとして家に来てもらった際に汚れなどの状況をみてもらってどちらが良さそうか相談してみることができることが強みです。

壁紙染色の基本料金は20,000円(税抜き)(20㎡未満)で20㎡を超える場合は1㎡ごとに1,000円(税抜)が追加されます。

壁紙クリーニングの場合は1㎡ごとに500円(税抜き)です。

壁全体でなく、一部分の小さいシミだけを落としたい場合などはは壁紙クリーニングを選べば安上がりで良いかもしれません。

 

どうしても張り替えたいならリフォーム比較プロ

リフォーム比較プロ公式画像

リフォーム比較プロはクロス張替えなどの小規模なリフォームから全面改修まで対応している利用者数30万人を超える総合リフォーム比較サイトです。

状況に合わせて近くの厳選された業者を3,4社紹介してくれます。一度に複数の提案や見積りを比較検討することができます。

いっそのこと張替えてすっきりしたい方はこちらから見積もりをとってみてはいかがでしょうか。

 

ハウス総合ランキングページへのリンク画像

アイテム別

目的別

-ハウスクリーニング全般

Copyright© ヘヤピカ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.