エアコンクリーニング

エアコン掃除したことないのはまずいかも!?エアコンクリーニングの効果と必要性について解説します。

更新日:

【画像:Top】

エアコンの掃除したことないけどなんのためにするのか分からない、という人はちょっと心配。エアコンの内部は、汚れがひどくなると健康を害することもあるのです。

しかも、自分でフィルタの掃除をしたり、エアコンクリーニングをすることが実は重要で、電気代の節約や故障のリスクを下げる効果があります。

掃除したことがない人こそ、1度はプロに依頼した方が良いかもしれません。

今回の記事は、エアコンを掃除する必要性や業者依頼が必要になる理由について詳しく解説します。

エアコンの掃除が必要な理由

最近は、夏の暑さにエアコンなしでは耐えられないほど暑くなっています。そのため、エアコンを毎日つけている人も多いのではないでしょうか。

エアコンの掃除が特に必要になる人は、長時間使っている人です。稼働している時間が長いほど、フィルターや内部にホコリがたまり、カビが生えやすくなるのです。

部屋の空気がエアコンを介して循環するので、フィルタにホコリがたまっていく訳です。

エアコン内部の仕組み

また、エアコンの冷気を出す際にエアコン内部の湿度が上昇し、それがカビの発生・繁殖に繋がります。

ほこりやカビは、嫌な臭いの原因になるだけでなく、アレルギーや呼吸器系疾患などを引き起こすことも。赤ちゃんや高齢者がいれば、より影響を受けやすい。

そのため、定期的にフィルタを掃除しておくことは必須です。加えて、普通の掃除だけでは取れないエアコン内部のカビを取るために業者のクリーニングも必要でしょう。

エアコンクリーニングを業者に依頼する必要ある?

エアコンクリーニングを実施する業者は個人・企業を含めて多くありますが、本当に依頼する必要はあるのでしょうか?そこで、業者を頼る必要性を確認しましょう。

フィルタ掃除だけでは不十分

エアコンはまずカバーを外した時に見える汚れがあります。この部分は、フィルタ掃除である程度きれいになります。

しかし、エアコンのフィンや内部は、想像しているよりもずっと汚れていて、わずか1~2年で掃除後の水が真っ黒になるほどの汚れが内部に隠れています。(実際にプロにお掃除して貰うと、黒い水が大量に見せてもらえます。)

エアコンクリーニングで出てくる黒い水

エアコンが汚れる主な要素には、カビやほこりなどがあります。

送風口やフィルタは目の粗い塵やほこりが詰まりやすく、そこが詰まると風を取り込むのに負荷がかかって故障リスクになります。当然、送り出される風も細かいゴミが含まれてしまい汚れます。

次に内部のフィンです。

フィンはほこりだけでなく、冷却で発生する結露などがカビの原因になって、臭いの元になります。

それだけでなく、エアコン本体にも送風時に負荷がかかって、電気代が余計にかかります。

また、ドレインホースは内部の水を外に出す役割があります。そのホース内側に汚れが詰まり、排水が上手くできずに汚水が逆流したりなど、故障の原因になります。

自動お掃除機能つき(お掃除ロボットつき)エアコンでも必要

エアコンには、構造が簡単な普通のタイプと、自動お掃除機能つきの2種類があります。

さらにお掃除機能つきの中でもブラシや動作でフィルターや内部の汚れを落とすお掃除ロボットつきのエアコンも存在します。

では、お掃除機能が付いていれば、定期的な掃除は必要ないのでしょうか?

実は、掃除する機能があってもフィルターやフィン、ドレインホースなどは普通のエアコンと同じように汚れてしまいます。

【画像:お掃除機能付きのエアコンでもクリーニングが必要です という説明とイメージ】

例えば、簡単なほこりは取り除けても、空気中の油分や内部で発生するカビは掃除機能でも抑えることができません。

むしろ、自動お掃除機能を付属するために、内部構造が複雑になる分、汚れがたまりやすく掃除しにくい欠点があります。

そのため、基本的にお掃除機能付きのクリーニング料金は高くなっています。

特に掃除の必要があるケース

エアコンの掃除は、汚れやすい箇所を重点的に行います。以下のケースでは特に、業者に掃除を依頼するのがベストです。

1.使用時間が長い

まず、エアコンの使用時間が長いほど、内部の汚れがひどくなります。送風時間の長さから埃や塵を吸い込んでいるのです。使用頻度の低いエアコンより、掃除の頻度を高めましょう。

2.キッチンのそばに設置されている

【画像:キッチンの側のエアコンは注意! という説明とイメージ】

エアコンは、キッチンが近くにあると、調理の際の油分が空中に漂って、その空気を吸い込んだエアコンが油汚れした状態になります。

換気扇が汚れるのと同じです。ただでさえ落ちにくい油汚れは内部のカビやほこり汚れに結びついて、粘り気を含んだ汚れへと変質してさらに落としにくくなるのです。

3.小さい子どもや喘息持ちがいる

びっしりカビが生えるなど特に掃除が必要なケースです。小さい子どもや喘息持ちがいる家庭では、普段から清潔にしないと健康に悪影響があるのです。

【お子さんがいる場合は、細目にクリーニングしましょう という説明とイメージ】

カビの影響を受けやすい人がいる場合は、フィン周辺や内部はカビが生えてしまったらすぐに業者に依頼して徹底的に掃除してもらう方が良いでしょう。

4.ペットを飼っている

自宅でペットを飼っていると、毛が舞ってエアコンのフィルターが詰まります。それがフィンなどの内部で毛玉詰まりになると、故障を引き起こしかねません。

さらに、ペットは部屋に飛散するカビに影響を受けやすく、エアコンの汚れがペットの健康状態にも健康被害をもたらすことがあるので、適度な掃除が必要です。

エアコン掃除の方法

ここではエアコンを掃除する方法を自分と業者の2つのケースに分けてご紹介します。

自分でできるお手入れ

まずは業者ではなく、自分でできる範囲でフィルタ掃除の方法をお伝えします。

【画像:下記のお掃除方法の中で画像を2つ作って挿入してください。】

(1)最初にコンセントから電源を抜いて、数分待ちます。エアコン掃除から感電するリスクがなくなるまで待ちます。

(2)次に、エアコンのカバーを開いて、フィルタを外します。新聞を床に敷いて、その上にフィルタを置く形にします。そしたら、掃除機で、上から下に網目にそってほこりを吸い取ります。全体に掃除機を2~3回かけます。

(3)掃除機をかけ終わったら、今度は、風呂場でシャワーを裏面からかけて、汚れを水圧で落とします。

フィルタは吸い込む方向に詰まるので、逆から力を加える訳です。その後、表からも水をかけて、満遍なく汚れを落とします。

それでも落ちない汚れはブラシでこすって、落とします。重曹やお掃除用洗剤、ぬるま湯などを掃除に使うと効率的です。最後にシャワーで全体をまた洗います。

(4)洗浄が完了したら、フィルタを乾燥させます。水滴が付いたまま戻すとカビの原因になります。

日陰で乾燥させるために、タオルや新聞紙の上において、乾燥させましょう。乾燥したら、エアコン内の元の場所に戻します。

どのくらいの頻度でやればいいかについては、掃除の回数は利用頻度の多い夏に積極的に行います。

特に夏場はエアコンの使用頻度が高く、湿気が増えて冷房によるカビの条件も高まるので、毎週、少なくとも2週間に1回はやりたいところです。

ただし、この掃除にエアコン洗浄スプレーは使わない方が良いでしょう。エアコンの機種によってはスプレーに対応していなかったり、部品にかかって故障の原因になることがあります。

専門のエアコンクリーニング業者に依頼

次に専門業者にエアコンクリーニングを依頼する場合です。業者に依頼するメリットは、

  • 高圧洗浄機の徹底清掃でカビの除去ができる
  • コーティングによる防カビ効果
  • 内部の隅々まで清掃できる
  • 専門知識で掃除による故障・トラブルがなくなる
  • 業者間の価格検討が可能

などです。カバーなどの部品を取り外して高圧洗浄機でクリーニングしてもらえます。そのため、落ちにくいカビを除去できるでしょう。

それから、カビの掃除に加えて、コーティングによってカビが生えにくくなります。

仕上がりも普段は手が届かない部分まで掃除が行き届くので自分で掃除するのとは訳が違います。特に専門知識を持つメーカーなら、専門知識とエアコンに合わせた掃除ができるのも魅力です。

業者同士を比べれば、料金を比較して希望に合った業者を選べるなどの選択肢があることもポイントです。

業者に依頼するとそのエアコンに見合った料金がかかります。費用相場は一般的な壁にかけるタイプの場合10,000円~15,000円あたりです。

【画像:お掃除機能付きのエアコンは料金が高くなります という説明とイメージ】

「自動お掃除機能つき」のエアコンの場合は、割増料金がかかるので、5,000円から8,000円がプラスされます。

依頼する頻度は、最低3年に1回、理想は毎年掃除してもらうこと。どういう場合に依頼した方がいいかわからないときは、必要性を感じるときに依頼します。

夏場に喉の調子が悪い、花粉症で窓を閉めっぱなしにしていることが多い、子供が生まれた年やその直近、喘息が激しい時など。エアコンが汚れていると健康に影響がある場合に業者に依頼するのがタイミングとしては良いでしょう。

まとめ

今回は、エアコンクリーニングを自分で行う場合と業者に依頼する場合で、それぞれ掃除の必要な理由や清掃方法について紹介しました。

健康に影響しないように内部の清潔さを保つため、年に1回、普段エアコンを使わない人でも最低3年に1回は業者に依頼してみましょう。

 

エアコンクリーニングランキングへの誘導画像

 

アイテム別

目的別

-エアコンクリーニング

Copyright© ヘヤピカ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.