エアコンクリーニング

エアコンはどれぐらいの頻度で掃除やればいいのか。自分でできるフィルタのホコリ取りと業者のエアコンクリーニングそれぞれ調べてみた

更新日:

エアコンのお掃除をする必要があるのは分かっているけど、フィルタ交換や内部洗浄はどのくらいの頻度でやればいいのか。掃除業者が推奨する頻度を調べてみました。

また、毎日1日中使っている場合と、夜の暑い日しか使っていない人ではエアコンにかかっている負荷が違うので、何年という期間ではなくどういう兆候があったらエアコンクリーニングを依頼すべきかも解説しています。

自分でできる掃除とプロのエアコンクリーニングのそれぞれの頻度や、家庭用と業務用の場合の違いや、お掃除機能つきでも必要なのかについて説明します。

フィルタは1ヶ月に1回もしくは2回程度

エアコンには、空気の通り道にフィルタが設置されています。

フィルタには入り口から吸い込む空気をろ過する役割があって、部屋のホコリがエアコンに入らないように遮ってくれます。

しかし、長期間、フィルタの掃除をしないとホコリが目に詰まり、吸い込み機能が低下します。すると、エアコンが部屋の空気を吸い込みにくくなり通常よりも余計に電力を消費してしまうのです。

ホコリの詰まりは出口に向かう空気もホコリ臭くなるデメリットがあります。

そのため、フィルタの掃除は1ヶ月に1~2回程度はしましょう。

フィルタの汚れは使用頻度にも関係してくるので、それほど使わない月であれば月1回、夏場で頻度が高ければ1~2週で1回すれば問題ないでしょう。

業者のエアコンクリーニングで内部洗浄は2年に1度

次に自分で行うフィルタ掃除ではなく、業者に依頼する内部洗浄の頻度を見てみましょう。結論として、エアコン内部はすぐに汚れる訳ではないので、少なめに見積もっても2年に1回で十分です。

理想は年に1回

2年に1回はあくまでも業者に依頼する最低限の回数であって、理想の回数は異なります。

エアコンを常にきれいな状態で維持して、空調に細心の注意を払うためには、年に1回は業者に頼んで隅々まできれいにしてもらうこと。

実際、エアコン内部や全体の汚れは意外と気づきにくく、フィルタだけ掃除するのでは不十分です。

エアコンの汚れは使うたびに増していくので、リビングなどで使用時間が長く、人の動きが多くて空気が汚れがちな場所に設置したエアコンは、重点的に行うのが理想です。

夏だけでなく冬もエアコンの暖房をつける家庭であれば、毎年内部洗浄をやることでカビを防ぐ効果も期待できます。

とはいえ、実際には2,3年でも大丈夫

上記で、年に1回が理想だとしましたが、実際に年中エアコンをつけて毎年掃除が必要になる家庭はそれほど多くありません。実際は、夏場にエアコンを冷房として使う程度で、1年の多くは使わずに放置されるものです。

それに夏場の数ヶ月の間だって、1日中使っている訳でもないでしょう。フィルタを自分で掃除しているなら、基本的には数年ごとに依頼でも大丈夫でしょう。

ただし、後で解説するカビの生える兆候が見られた場合は話が別で、業者に依頼する必要があります。

それから5年間以上もの間、業者に内部の掃除をしてもらっていないようなら、老朽化もしてきてエアコンの故障リスクが高まるので、是非プロに分解洗浄してもらいましょう。

お掃除機能つきのエアコンでも3年ごとにはクリーニング

エアコンには自動お掃除つきエアコンの機能がある機種も存在します。その場合でも3年ごとのクリーニングは必要です。お掃除機能は万能ではなく、主に掃除できるのは簡単な汚れの排出だけです。

例えば、代表的な方式としては、ホコリなどのよごれをブラシで落とすことが可能な「フィルター自動洗浄」。

熱交換器(フィン)の表面の汚れを冷房や除湿運転時に発生した水で洗い流して屋外に排出する方法や本体内部に送風してカビの発生抑制をする「自動熱交換器洗浄」。

冷房や除湿運転をして乾燥することでエアコン内部のカビを発生しにくくする「内部乾燥」の3つがあります。

また、機種によってはエアコンの端に設置されたダストボックスにたまったホコリを1年に1回程度は手動で捨てる必要があります。

つまり、自動でお掃除する機能がホコリを取り除いているので、ダストボックにホコリが溜まればそれは取り除かなければならず、

「一切掃除がいらない」や「何もしなくても良い」ということではありません。

むしろ、数年の間使い続けていると、内部にカビが発生してしまうことも十分にありえます。

簡単な掃除はしてくれるので、普通のエアコンよりはキレイなのは間違いないけれど、少なくとも3年おきにはエアコンクリーニングを業者にしてもらった方がいいでしょう。

業務用の埋め込み型は毎年やってもいいくらい

家庭用とは対照的に、業務用エアコンは稼働している時間が長くなりがちです。人がたくさんいるのでホコリが舞いがちなのでホコリやカビで汚れやすいです。

フィルタ交換も家庭用に比べて大変です。かび臭いオフィスでは集中力が下がるし、飲食店でかび臭さは厳禁。

エアコンクリーニングをする必要性はとても高いと思います。

特にエアコンが故障したり、思わぬトラブルでエアコンが使えないなどすると事業者にとっては休業も必要になるなど大変な事態です。

スケジュールはあらかじめ決めて、定期クリーニングを実施したり、使用頻度や汚れの状態によってはあらかじめ依頼をして洗浄してもらいます。

そのため、フィルタは自社で週単位で自分の手で掃除して、家庭用エアコンよりも多い頻度で年に1回は最低でも依頼しましょう。

どうなったらクリーニングしてもらうべきか、その兆候とは?

エアコンのクリーニングはいつ業者に依頼すればよいのか、フィルタほど汚れが目に見え得ないので判断が難しいと感じる人もいるでしょう。こ

こでは、クリーニングしてもらう判断基準としてその兆候についていくつか紹介します。

カビやホコリの臭いが気になる

まずエアコンから出ている空気がカビやホコリの臭いがしたら内部の汚れを疑いましょう。

フィルターを掃除して、送風で換気しても改善がない場合は、内部にカビがある・ホコリが内部にあるので、自分の手ではできない業者の内部洗浄できるクリーニングを依頼しましょう。

効きが悪くなった

次に、冷房の効きが悪いと感じるかどうかで、クリーニングをする判断をします。冷房がエアコンの経年劣化やフィルタの詰まり、室外機のトラブルでなければ、エアコンを掃除することで改善することがあります。

例として、熱交換器にホコリが詰まると、冷房機能が2~3割ほど低下します。

夏場は、室外機を直射日光に当てたりしても機能が下がるので、効きが悪くなった上記の原因を取り除いてみて、それでも改善しない場合は業者にクリーニングを依頼しましょう。

熱交換器の内部洗浄だけで改善することもあります。

吹き出し付近にカビが見えたら

今度は視覚的な情報で判断する方法です。それは、噴出し付近にカビがあるようなら、内部もかなり汚れていると判断してクリーニングを依頼しましょう。

すでにカビが生えている状態では、表面的な部分だけでなく、内部部品の熱交換器内部やシロッコファンにもカビがある可能性があります。

普通の掃除では取り除けないので、吹き出し口の様子が気になったら業者にクリーニングを依頼する目安になります。

以前はしなかった異音がする

エアコンは水を扱ってはいるものの、その冷却機能を果たしているのは精密機器によるところが大きいため、トラブルが起きると異音がすることがあります。

特に送風や熱交換の関連では、ちょっとした汚れやカビが動作を鈍らせて変な音を出すことがあります。故障する前に一度業者にクリーニングしてもらいましょう。

まとめ

今回は、エアコンの掃除頻度について説明しました。家庭用よりも業務用の方が掃除頻度を高く設定する必要があり、家庭用で2~3年に1回、業務用なら毎年するのがベストです。

その上で、クリーニングが必要なエアコンを兆候から判断して、業者に内部洗浄を依頼しましょう!

 

エアコンクリーニングのおすすめについて詳しく知りたい方はこちら!

エアコンクリーニングランキングへの誘導画像

アイテム別

目的別

-エアコンクリーニング

Copyright© ヘヤピカ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.