洗濯機クリーニング

洗濯機のハウスクリーニングってどこがおすすめ?徹底比較ランキング!

更新日:

洗濯機の掃除は重曹やオキシクリーンを使って、自分である程度まで落とすことは出来ますが、自分で完璧にするのは中々難しいですよね。

市販の洗剤では臭いが完璧に落とせなかったり、洗っても洗っても黒いカスやわかめの様なカビが出てきたら、プロの方にクリーニングをお願いするタイミングです。

もちろん買い換えという選択肢もありますが、洗濯機クリーニングの料金相場は14,000円~18,000円ですので、新しく洗濯機を買うよりもずっとお得に使い続けることが出来ると思いますよ。

洗濯機の年数によっては買い換えの方が良い可能性もゼロではないと思いますので、そちらについても後ほど説明したいと思います。

洗濯機をプロがクリーニングすると、洗濯槽などどれぐらいきれいになるのかも写真付きでご紹介していきますね!

この記事では、洗濯機のハウスクリーニングに関して、どんな業者にお願いすればいいのか、料金の相場やどういう箇所に気を付けてお願いすればいいのか詳しく比較していきます。

こんな症状が出てきたらプロにお願いした方がいいかも!?

ポイント

  • 黒いカス、カビが出て来て気になる
  • カビ臭さが出て来てしまった
  • 市販の洗剤で洗ってもカビや臭いが落ちない
  • 柔軟剤の溶けきれないカスが残る
  • 乾燥機の乾きが弱くなってきた

これらの症状は、きっちりメンテナンスした方がいい合図です。自分で掃除するだけでは限界がありますし、何より根本から解決するためには洗濯機を分解して掃除する必要があります。

男性でも1人でやり切るのは非常に大変ですし、道具をそろえるだけでもお金がかかるのでここまで来たらプロにお願いする様にした方がいいと思います。

洗濯機のハウスクリーニングをお願いする際のポイントって?

もちろん一番大事なのは料金・価格だとは思いますが、業者によって掃除してくれる箇所が違ったり、取り扱える洗濯機の機種が違ったりします。

一概に料金表だけ見て安いと思っても、実際には思った箇所を掃除してくれなかった、効果が薄かったなんてことも。

そうならない様に、しっかりクリーニングしてくれるお店を選びましょうね!

まず一番最初に気を付けなければいけないのが、洗濯機は『家電製品』だということ。ハウスクリーニングと一概にいってもエアコン・洗濯機の様な家電を取り扱える人と、浴室やトイレなどの水回りのクリーニングをする人は技術が違います。

エアコン・洗濯機は電気屋さん、浴室やトイレはお掃除やさんといったイメージですね。

そのため、ハウスクリーニング業者の中でも洗濯機をきっちり掃除してくれる技術がある業者はそこまで多くありません。

ハウスクリーニングのセットでよくある『水回りクリーニングセット』には洗濯機は含まれていないことが殆どです。

逆にエアコン・洗濯機セットというのはたまにありますね。また、家電業者になるとクリーニングではなく修理になってしまうので、実際に洗濯機を掃除してくれるお店は数が少ないんです。

またお店のページに行くと、普通の洗浄と分解洗浄という項目が分かれていることが多いです。

洗濯機の掃除ですが、内部の洗濯槽を分解して取り出したうえで掃除する『分解洗浄』と、本体に取り付けたままで、専用のブラシなどで洗濯槽周りを掃除して特別な洗剤をつけ置いてクリーニングするの2つの方法があります。

洗濯槽を取り付けたままの掃除と、分解洗浄の違いを比較

完全分解して隅々まで掃除した方がもちろん良いのですが、こちらの方が手間がかかる分、料金も高くなります。

またドラム式の洗濯機を分解するのは技術と時間がかかるため、取り扱える人が少ないのが現状です。
さらに日立のビートウォッシュと白い約束は値段が高くなるお店が多いです。

比較ポイント

  • 料金(もちろん一番大事!)
  • 洗濯機をきっちり分解して掃除出来る業者かどうか
  • 作業時間(短すぎるのはNG)
  • ドラム式洗濯機を取り扱うことが出来るか

ハウスクリーニングの要望の中には、女性が良いという声も少なからずありますが、洗濯機のクリーニングに関しては上記の理由からも提供できるお店が少なめです。

一応最後の方にご紹介はしておきますが、今回のおすすめランキングを作る際には考慮していません。

また作業時間ですが、洗濯機を分解して清掃するには1時間以内で終えるのは難しいため、あまりに作業時間を短く設定している業者は怪しいため除外してあります。

注意!

ハウスクリーニング全般に言える事ですが、あまりに短時間で終わる業者は、作業後にトラブルが起きていることが非常に多いのでお気を付けください。

 

洗濯機のハウスクリーニングおすすめランキング!

ではここからは当サイトで各業者の良い点・悪い点を比較して作ったハウスクリーニングランキングをご紹介していきますね。

第1位 おそうじ本舗

おそうじ本舗公式サイト画像

料金の面から見ると、おそうじ本舗が一番おすすめです。分解して清掃する方法と、分解なしでの清掃と両方のコースがあります。

取付洗浄 分解洗浄
11,000円 14,000~17,000円

※ただしドラム式は不可な点と、日立製のビートウォッシュ・白い約束シリーズは特殊な構造のため、追加費用として5,000円かかります。

対応時間として、分解なしは2時間・分解ありは3時間ほどかかります。洗濯槽の裏側がカビで真っ黒になると、アレルギーの原因になる場合もあるので、最低でも2,3年に1回はしっかり掃除した方が良いと思います。

おそうじ本舗の洗濯機クリーニングの流れ

分解コースなら、上部パネル・脱水槽等の部品をすべて分解した後、洗濯機を移動させて洗濯パンまでクリーニングしてくれるので、隅々まできれいにしたい方には是非おすすめしたい内容になっています。

おそうじ本舗はきちんとした方が来てくれる可能性が高い・料金がお手頃・サービスが比較的しっかりしている、という3つのバランスが非常に良いので、とりあえずどこに頼んだら良いのか悩んでいる方にもおすすめのお店です。

 

第2位 ダスキン

ダスキン公式サイト画像

ドラム式の取扱が出来る唯一の大手ダスキンが2位となりました。

ただし縦型洗濯機の場合は、おそうじ本舗の方が安いので、ドラム式洗濯機をクリーニングしたい場合のおすすめとなります。

ダスキンの注意点としては、普通の洗濯機・ドラム式ふくめ、全てつけ置きの洗浄となっている点です。分解洗浄自体をやっていないので、どうしても洗濯槽の裏までしっかり掃除をしたい方は別のお店をおすすめします。

ただし、専用の薬剤と資器材を使用しますので、分解清掃まではいかなくてもかなりの効率で除菌することが出来ます。(※ダスキン開発研究所によると、サービス実施後の洗濯槽は、細菌数平均96%以上減少)

分解する手間を減らしているため、ドラム式洗濯機でも20,000円以下で掃除が出来るのはコスパが良いと思います。

 

第3位 くらしのマーケット

くらしのマーケット公式サイト画像

くらしのマーケットは、個人の業者や地元の会社を、口コミで比較して、ネットで予約することができるサービスです。取扱サービスの中に、洗濯機のクリーニングも含まれています。

その中には、ドラム式を分解して清掃することが出来る専門の人もいるので、自分の要望にあった人を見つけることが出来ます。※個人の業者の方も多いので、スケジュールで相談しやすいのも強みです。

ただし料金は人によってピンキリなのと、サービスが良い人かどうかは口コミをみてじぶんで判断する必要がある点だけは注意です。

また、細かいオプション金額をきちんと見ておかないと思わぬ高額になることありえるので、事前にリサーチ大事が大事ですが、洗濯機のクリーニングは、地元の電気屋さん的な人が多いので、そこまで問題のある人が来ることは少なめです。

ドラム式洗濯機の分解清掃は、ハウスクリーニング業者でも取り扱っていないので、ドラム式洗濯機をしっかり掃除したい人は是非検討してみては如何でしょうか。

 

おねだん表

縦型洗濯機 取付洗浄 分解洗浄
ダスキン 13,000円 取扱無し
おそうじ本舗 11,000円 14,000円~17,000円
ドラム式取付 取付洗浄 分解洗浄
ダスキン 18,000円 取扱無し
くらしのマーケット - 25,000~30,000円

結論としては、ドラム式以外の洗濯機はおそうじ本舗が一番おすすめです。

ドラム式洗濯機については、取付洗浄でも良い方ははダスキン、分解してしっかり洗って欲しいかたはくらしのマーケットで専門家にお願いするのが一番だと思います。

女性業者に来て欲しいならこちら

1人暮らしのかたなどで、男性が部屋に入って欲しくない方もいるとは思います。

ただし、洗濯機のクリーニングは清掃というより家電清掃といったジャンルなので、どうしても男性作業員ばかりになります。

大手の業者から個人の業者まで色々探してみましたが、女性のスタッフを派遣してくれるお店は中々ありません。

※唯一こちらのおそうじラインだけは洗濯機のハウスクリーニングについても記載がありましたが、洗濯機の中まで掃除してくれるかなどの細かい文言は確認できませんでした。

ただし個人の業者であれば、夫婦で来てくれるところが増えていますのでを、くらしのマーケットで探すのはアリだと思います!

何年ぐらい使ったら、新しい洗濯機を買い替えた方がいいの?

2018年の9月版「一般財団法人 家電製品協会」の使用年数調査によれば、洗濯機の平均使用年数は10.8年となっています。

洗濯機の使用年数調査

ただし6~9年ぐらいでどんどん使っているかたが減っていくので、大体の買い換えは7・8年目ぐらいと言えるかもしれません。

※洗濯機メーカーの部品保有期間が8年になっているので、メーカーの推奨期間も大体同じぐらいです。

また、実際にハウスクリーニング業者のサイトや、くらしのマーケットでも8年を超えたあたりの洗濯機はクリーニングを断られることもある様です。

排水溝のつまりってどうすればいいの?

基本的に洗濯機のクリーニングは洗濯槽がメインとなっているので、排水溝のクリーニングはしてくれないのが基本です。

おそうじ本舗のように、洗濯パンまで掃除してくれる業者もありますが、排水溝のつまり解消は水道業者の範囲となります。

洗濯機のクリーニングに来てもらう際にどんな準備をしておけばいいの?

実際にハウスクリーニングに来てもらう際に、どんな準備をしればいいのか、逆にしなくていいのかをご紹介してきますね。

お茶は出した方がいいの?

基本的に不要です。好意として出すことに問題はありませんので、そこはどちらでも大丈夫です。

うちの家狭いけど大丈夫?

基本的には家が狭くても対応して貰えます。狭くて心配な場合は見積もり連絡の際に伝える様にしましょう。

洗濯槽ってどこであらうの?

その場で洗うことが多いですが、スペースなどによっては浴室を借りて洗うこともあります。ただし個人の業者によっては、一度持ち帰りで持ち出してクリーニングしてくれる方もいます。

浴室とかもきれいにしておかなきゃだめ?

お店によって、浴室を利用する可能性もありますので、申込の際に確認しておいた方が良いでしょう。

駐車場代って?

スペースを用意できればもちろん無料ですが、業者が有料駐車場を使った際は、実費を請求されるお店もあります。大手のお店は無料が多いですが、個人の場合は実費請求が多いです。

自分でも掃除してるけどクリーニングって必要?

市販の洗濯槽クリーナーできちんと掃除をしていても、洗濯槽の掃除はした方がよいです。大きな理由としてはこの2つとなります。

・市販のクリーナーでは繊維などの固形汚れを落としきれない

・洗濯槽の下側まで洗剤では落としきれない

また、自分で中途半端に汚れを落とそうとした際に、黒いカビが剥がれてしまい、黒い汚れがぽろぽろ出てくることもあるので、定期的にプロに依頼する必要があります。

 

ハウス総合ランキングページへのリンク画像

アイテム別

目的別

-洗濯機クリーニング

Copyright© ヘヤピカ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.